chord

「LIVE & CULTURE」 WEB MAGAZINE by HOT STUFF

「LIVE & CULTURE」 WEB MAGAZINE

食べ物つながりで歌を味わうコラム 「よんで きいて たべる」 第4回 たこ焼き

お店で食べても、
お祭りの屋台で買っても、
家で自分で焼いても、
パーティで誰かに焼いてもらっても、
日本全国飛び越えて
きっと全世界津々浦々、
どこで食べても
安心の味と、平和なフォルム。
それがたこ焼き!

生地をくるくるっと
回しているうちに
まぁるくなる。
それに比例して
親密度も増すような。
湯気の中に浮かびあがる、
でこぼこの球体は
なんとも言えない愛らしさ。
たまには不恰好なのもいたりして。

 

たこ焼きとともに舟に乗って
のんびりたゆたう秋のはじまり。
お祭りもまだまだ、これから。

 

f:id:ayaco_m:20180905171032j:image


いつもはつかの間の小さなデートなのに
ある日突然、「あなた」に誘われ
塾をさぼって行ったたこ焼き屋さん。
これはすごいデート!とドキドキ♡
Berryz工房の歌った「わたし」の
初恋はソースのにおいと共に。
いつか一緒に住んだりすんのかなー…
なんて夢見たりもしたかもね。

 

そんな大人の恋人同士になったら…
奥華子の描いた「私」は
擦れ違いの日々の中で、
「あなた」が焼くこだわりの
たこ焼きを楽しみにする。
たこやきは誰かに作ってもらうと
特においしく感じる。
色々あっても
家にたこ焼き機があるふたりは多分
大丈夫なんじゃないかな。

 

どろどろの生地に、たこを入れて、
隠し味に情も加えて、ころころ回していると、
いつの間にか丸くできあがっている。
何かに似てない?

 

槇原敬之の描いた「僕」は
ひと懐っこすぎるあの町の思い出を
手の中にあるたこ焼きみたいだと感じた。
でこぼこした、焦げムラのついた、
蒸気を含んだ、あたたかくて、
やわらかい球体。
その中には、なんとも言えない
かすかな無印の情が
たこの足のようにクルンと
うずまいているのかもしれない。

 

今回とりあげた曲
Berryz工房『さぼり』
歌:Berryz工房 作詞:つんく 作曲:つんく 編曲:平田祥一郎
収録アルバム
『第(2)成長記』
(2005.11.16リリース)他
http://www.up-front-works.jp/release/detail/PKCP-5061/
Official Site:http://web.archive.org/web/20150303125756/http://helloproject.com/berryzkobo/


奥華子『TAKOYAKI』
歌:奥華子 作詞:奥華子 作曲:奥華子 編曲:sugarbeans
収録アルバム
『good-bye』
(2012.02.22リリース)
http://music.ponycanyon.co.jp/short/sakuhin/PCCA000003539/?REF=MUSIC
Official Site:http://okuhanako.com


槇原敬之『尼崎の夜空を見上げて』
歌:槇原敬之 作詞:槇原敬之 作曲:槇原敬之 編曲:槇原敬之
収録アルバム
『LIFE IN DOWNTOWN』
(2006.02.22リリース)
https://makiharanoriyuki.com/profile/album/(※discographyのページ)
Official Site:https://www.makiharanoriyuki.com